広島で矯正歯科をお探しなら矯正専門のトリプルエープラスデンタルクリニック

矯正専門サイト

受付時間
09:30~13:00
15:00~18:00

土曜・日曜は17時まで診療受付
※日曜はインプラント・矯正診療のみ
休診日:水曜日・祝祭日

0120-82-7587
[休診日]水曜・祝祭日 …土日は17時まで
※日曜はインプラント・矯正診療のみ

アクセス

こんな歯並びは要注意

careful

あなたはどの歯並び?(不正咬合の種類)

  • 下顎前突 (受け口)

    下顎前突(受け口)

    いわゆる受け口と言われる不正咬合の一種です。下顎が出ていることで、かみ合わせが本来上の歯が前に来る部分で下の歯が前に出てきてしまっています。
    単純に下顎前突と言っても完全に骨格性で手術等が必要なケースと、歯性と言って生え変わる時にほんのちょっとした事で歯の角度の問題がおきて前後が逆になってしまっているケースで治療方針はずいぶん異なります。

    多くの場合の下顎前突のケースでは下顎の小臼歯を左右1本づつ抜歯する必要が有りますが、歯性のケースでは歯を抜歯する事無く矯正治療が出来るケースもあります。
    逆に重度の骨格性の場合、単純に歯を抜歯するだけでは改善出来ないケースもあってその場合は大学病院等入院施設のある医院で手術を受ける必要が有ります。

  • 上顎前突 (出っ歯)

    上顎前突(出っ歯)

    いわゆる出っ歯と言われる歯並びです。上の歯が出ていることで、唇が閉じにくかったり、無理に閉じると口のまわりに緊張が出来てしまうので、表情がくらく見えたりします。上顎前突は学校等でからかいの対象になったりする事も多くて、学問的にも精神衛生上できれば治療した方が良いと言われています。また、前歯を事故などでぶつける可能性が高い事もわかっています。

    治療方針は、症例によっては抜歯せずに治療が可能ですが、従来は多くの場合上顎の左右1本づつの小臼歯を抜歯して矯正するケースが多かったです。最近では矯正用のインプラント等の登場で、非抜歯で上顎前突を治療出来るケースも多くなりましたが、それでも、程度によってはやはり抜歯矯正を選択した方が、確実なケースも多く存在します。

  • 開咬

    開咬

    正常では上下の歯をかみあわせると、上の歯が下の歯の前に概ね3ミリ程度かぶさるのが普通です。開咬症例では上下の歯をかみ合せても、(多くは)前歯の部分に隙間が出来てしまいます。そのため、前歯でものを噛み切る事ができず、麺類などの咀嚼に問題をきたします。

    また、つばや食事を飲み込む際に、口の中を陰圧に保つ事が出来ないので、舌が前に出やすくなっていてることが多いです。そのため矯正中に舌の癖を改善しないと、後戻りしやすいです。

    また、普通は歯をすり合わす際に前歯にガイドの機能があるため臼歯の保護がなされますが、開咬の場合はこのガイド機能が無いため臼歯に負担がかかりやすく、奥歯を失いやすいとされています。治療は部分的に治療する事はできず、全体の矯正が必要です。

  • 過蓋咬合 (不正咬合)

    過蓋咬合(不正咬合)

    開咬とは全く逆の状態で、上下の歯をかみ合せた時に下の前歯が見えなくなるくらい深くかみあっている状態です。開咬とは逆の意味で前歯のガイドの機能が無くなってうまく前後左右に動かないケースが多く、顎関節症等あごの不調を訴える原因になりやすいです。

    また、上顎前突も同時にあるケースでは、下顎の歯で上顎を傷つけてしまうケースも多いです。治療は成人では全体の治療が必要ですが、小児や、比較的早い時期に治療する場合は取り外し装置等の簡単な装置で改善出来る可能性もあります。

  • 空隙歯列 (すきっ歯)

    空隙歯列(すきっ歯)

    歯と歯の間は本来であれば一定の強さで接触している必要が有ります。これをコンタクトと呼びますが、このコンタクトが無い、見た目に歯と歯が離れている状態をいわゆるすきっ歯、空隙歯列と呼びます。特に多いのは上の前歯の間が空いている状態で、発音する時に息が漏れたり、水を口に含んだら隙間から出たりする場合も有ります。見た目にも良くないため治療を希望される方が多いですが、空隙の出来る理由によって簡単に治療が出来るかどうかは変わってきます。空隙がたんなるスペースの問題であって、他に問題が無い場合は、部分矯正でスペースを閉じる事や、場合によっては審美治療でセラミックをかぶせるだけで治療する事も可能ですが、良く有るのは永久歯の数が少ない場合は、部分的にスペースを閉じても他の部分でスペースが空くケースがほとんどなので、全体の矯正が必要です。

    また、過蓋咬合が同時に有る場合など、徐々に前歯の隙間が開いてきたケース要注意です。このようなケースは、前歯が開いてくる原因があるのでその原因のかみ合せを改善せずにスペースだけを閉じてもまた開いてくる可能性が高いからです。この場合、基本的には全体の矯正治療が必要になります。

  • 叢生 (乱杭歯/八重歯)

    叢生(乱杭歯/八重歯)

    叢生とは、歯が前に出たり後に入ったりして、がたがたしている状態です。八重歯等もこの叢生によって出来ています。日本では八重歯をあえて作ったりするケースもあって、それほど悪い状態と考えられていない場合も有りますが、欧米では八重歯は非常に嫌われます。また、歯磨きも難しく、ムシ歯や歯周病の原因にもなりやすく、そのため口臭の原因にもなります。

    叢生の場合、すべての歯を並べるスペースが有るかどうかが鍵になりますが、顎の大きさに比べて歯の大きさがどうしても顎の中に歯が並べきれない場合は、抜歯を必要とします。逆に歯列が狭窄している為に、並びきれていないケース等は歯列を拡大する事で抜歯せずに歯並びを改善出来るケースもあります。

広島で歯医者をお探しの方はトリプルエープラスデンタルクリニックまで

トリプルエープラスデンタルクリニック

〒732-0066
広島市東区牛田本町4丁目1-7 サドラーズウェルズ2F
TEL:082-511-2227
Freedial:0120-82-7587

トリプルエープラスデンタルクリニック外観

0120-82-7587
受付時間
09:30~13:00
15:00~18:00

土曜・日曜は17時まで診療受付
※日曜はインプラント・矯正診療のみ
休診日:水曜日・祝祭日

pagetop

矯正無料相談はこちら